Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー):ザ・チェアをデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【ザ・チェア】
Artchair Selection【ザ・チェア】
ホワイトオーク材+セミアニリン革
ウォルナット材+セミアニリン革
----------------------------------------------
■価格:50,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色:ブラック
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
在庫切れ。
ご注文前に在庫をお問い合わせ下さい。
----------------------------------------------
■価格:68,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色:ブラック
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
商品情報
■サイズ:W630×D520×H770 AH705 SH450
梱包重量:10.5kg、1梱包
■デザイナー:ハンス・J・ウェグナー
(Hans J Wegner)
■仕様:
【フレーム・脚】各種木材(無垢材)
*ウレタン塗装仕上げ(見た目の艶感はありません。)
【座面】ファブリックか本革(イタリア製)からお選び下さい。
*T502とT512の生地組成:85%WOOL(ウール) 15%Nylon(ナイロン)で北欧を連想させるような落ち着きのある風合い
*R001〜R010の生地組成:63%CO(コットン) 37%Linen(リネン)でリネン特有のさらりとした触感をもった高級感のある仕上り
*C101〜C107の生地組成:100%CO(コットン)で優しい手触りが特徴の欧州スタンダードなファブリック

【座面のクッションの内部】ウレタンフォーム
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
説明:1949年にザ・チェア(The Chair)またはラウンドチェア(Round Chair)PP503はハンス・J・ウェグナーによってデザインされました。ザ・チェアは中国の明代の椅子の写真からインスピレーションし、ハンス・J・ウェグナーがチャイニーズチェアを何度も何度もリ・デザインし続けることで、ようやくシンプルで独特のフォルムをもったこの椅子に辿り着きました。ザ・チェアからは明式の椅子に特徴的な座面から背もたれに繋がる縦の背板は消え、ハンス・J・ウェグナーの独自性が表現されています。またザ・チェアは一つ一つのエレメントが非常に合理的で、これ以上無駄な線は一本もないと言われる程シンプルにできています。部材と部材の接合部やわずかに立体的なカーブを描いた流れるようなラインからは優れた装飾的効果と品格を感じることができます。只、ザ・チェアはデザインされた当時、デンマークにおいてあまり話題にならず、アメリカで高い評価を受け、この椅子は世界的に認知されるようになりました。1961年のアメリカ大統領選では候補者による初めてテレビ討論会が行われ、ニクソン候補とケネディ候補が大統領の座をかけて争いました。その時にケネディ候補が座った椅子がこのザ・チェアです。優雅に足を組んで座るケネディ候補の姿が大統領の器にふさわしいと選挙民の目にうつったとも言われています。チェアマンとか社長の椅子・・・というように椅子はその人の器を表す言葉としてよく使われますが、まさにザ・チェアはそれを実証した椅子で「椅子の中の椅子」ということで一般的にはザ・チェアと呼ばれています。
木材
ホワイトオーク ウォルナット
ホワイトオーク ウォルナット
張地色
セミアニリン革は1色(表面張革色)
セミアニリン革(デラックスで厚みのあるしっかりした高級革タイプ)
・セミアニリン仕上げ・・・顔料、染料を併用し表面を均一に仕上げています。
・一般的に家庭用皮革に多く使われています。
・耐久性に優れ、肌触りがよく、とても柔らかいレザーです。
ML81 ブラック nopic nopic nopic nopic nopic
セミアニリン革
デラックス
ブラック
商品写真
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの正面(ウォルナット)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの正面(ウォルナット)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの前方(ウォルナット)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの前方(ウォルナット)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後方(ウォルナット)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後方(ウォルナット)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後ろ(ウォルナット)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後ろ(ウォルナット)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェア(ウォルナット)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェア(ウォルナット)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの正面(ホワイトオーク)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの正面(ホワイトオーク)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの前方(ホワイトオーク)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの前方(ホワイトオーク)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの側面(ホワイトオーク)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの側面(ホワイトオーク)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後方(ホワイトオーク)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後方(ホワイトオーク)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後ろ(ホワイトオーク)
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアの後ろ(ホワイトオーク)
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアのディテール
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアのディテール
ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアのディテール
▲ハンス・J・ウェグナーがデザインしたザ・チェアのディテール
Hans J. Wegner (ハンス・J・ウェグナー)
Hans J. Wegner (ハンス・J・ウェグナー)
Hans J. Wegner (ハンス・J・ウェグナー) 1841年〜2007年
ハンス・J・ウェグナーは靴職人の息子であり、手工芸技術の大切さを学びながら育ちました。H.F.ストールベリの工房で大工の修行をし、兵役を終えた後、1936-38年までコペンハーゲンの工科大学で学びました。1938年にはエリック・モラーとフレミング・ラッセンの仕事をし、1940年にアルネ・ヤコブセンらと共にオルフス市庁舎の設計に取り組み、そこにシンプルでありながらしっかりとした家具をデザインしました。1943-46年までオルフスで自分のデザイン・スタジオを経営し、1946-48年までコペンハーゲンでパラ・スエンソンと共同経営の事務所を運営しました。1940年からウェグナーは家具職人のヨハネス・ハンセンとも仕事をし、「ザ・チェア」(1949年)をはじめ、ハンセンの製造会社の椅子を数多くデザインしました。そして1950年代にはスカンジナビアのデザインの第一人者にまでなりました。大部分が木だけでできた絶妙なバランスの美しく手作りされた椅子は国際的に高く評価されました。これらはヨハネス・ハンセン、フリッツ・ハンセン、アンドレアス・タック、A.P.ストレン、カール・ハンセン、PPモブラーなどの会社が製造しました。ウェグナーのスカンジナビア的特徴を示す有機的なデザインは「チャイニーズチェア」(1943年)、「ピーコックチェア」(1947年)、「Yチェア」(1950年)、「ヴァレットチェア」(1953年)が示すように、モダンムーブメントの幾何学的形式主義に一石を投じました。ウェグナーはフォルムと構造を簡素化し、多くの伝統的な家具を美しく現代的な家具へリ・デザインしました。
トップへ戻る  前へ戻る