Finn Juhl(フィン・ユール):チーフティンチェアをデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【チーフティンチェア】
Artchair Selection【チーフティンチェア】
ビーチ材+セミアニリン革
ウォルナット材+セミアニリン革
----------------------------------------------
■価格:168,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
----------------------------------------------
■価格:218,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
商品情報
■サイズ:W985×D895×H935 SH355
梱包重量:-kg、1梱包
■デザイナー:フィン・ユール
(Finn Juhl)
■仕様:
【フレーム・脚】ソリッドウッド
*ウレタン塗装仕上げ(見た目の艶感はありません。)
【背座】本革(イタリア製)
【背もたれのクッションと座面のクッションの内部】高密度ウレタンフォーム
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:1949年にフィン・ユールによってデザインされたチーフティンチェア(Chieftain Chair)は家具師ニールス・ヴォッダーとの共同作業で作られた作品であり、その大半はデンマーク大使館に納品されました。デンマークならではの優れた木製加工の技術と独創性の高いデザインの融合がなした業です。堂々とした風格のあるチーフティンチェアは流れるような女性的なフォルムのNV45チェアと対照的です。
木材
ビーチ ウォルナット
ビーチ ウォルナット
張地色
セミアニリン革は全部で4色(表面張革色)
セミアニリン革
・セミアニリン仕上げ・・・顔料、染料を併用し表面を均一に仕上げています。
・一般的に家庭用皮革に多く使われています。
・耐久性に優れ、肌触りがよく、とても柔らかいレザーです。
ML81 ブラック ML82 ホワイト ML83 グレージュ ML84 ストレートグレー nopic nopic
セミアニリン革
ML81
ブラック
セミアニリン革
ML82
ホワイト
セミアニリン革
ML83
グレージュ
セミアニリン革
ML84
ストレートグレー
商品写真
フィン・ユールのチーフティンチェアの正面
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの正面
フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの前方
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの前方
フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの側面
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの側面
フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの後方
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの後方
フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの前方
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアの前方
フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアのディテール
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアのディテール
フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアのディテール
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアのディテール
フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアのディテール
▲フィン・ユールがデザインしたチーフティンチェアのディテール
Finn Juhl (フィン・ユール)
Finn Juhl (フィン・ユール)
Finn Juhl (フィン・ユール) 1912年〜1989年
フィン・ユールはコペンハーゲンのデンマーク王立美術アカデミーでカイ・フィスカーのもとで建築を学び、1934年に卒業しました。最初の10年はヴィルヘルム・ラウリッツェンのの事務所で建築家として働く、この間に家具メーカーニールス・ヴォッダーと共同で多くの家具をデザインしました。「ペリカンチェア」(1940年)、「No.45チェア」(1945年)などユールの家具はコーア・クリントとその追従者が唱える従来の家具の現代的な加工とは著しく異なり、デンマークのデザイン界に有機的フォルムへの新らしい方向性を示しました。1945年ユールは自分の事務所を設立し、彫刻的で均一の木でできた椅子やテーブル、ソファのデザインに専念しました。これらは絶賛され、ミラノ・トリエンナーレ展では6つのゴールドメダルを受賞し、コペンハーゲン家具メーカー・ギルドから14の賞を受けました。「No.48チェア」(1948年)や「チーフチェア」(1949年)など彼の家具は優れた職人技能と表現豊かで浮き上がるようなフォルムの絶妙なバランスに特徴があります。ユールはチーク材を使った数々の製造技術を開発し、これによってデンマーク家具のチーク材が広く使われるようになりました。1945年からユールはプレズレクスベア技術学校のインテリア・デザイン部で主任講師を務め、デンマークのデザインの取るべき道を示す重要な役割を果たしました。
トップへ戻る  前へ戻る