Achille Castiglioni(アッキーレ カスティリオーニ):ランパディーナをデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【ランパディーナ】
Artchair Selection【ランパディーナ】
----------------------------------------------
■価格:6,400円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
商品情報
■サイズ:φ125×H225
梱包重量:1.0kg、1梱包
■デザイナー:アッキーレ・カスティリオー二
(Achille Castiglioni)
■仕様:
【ソケット】E26 60Wまで(白熱電球の他、調光器対応の電球型蛍光灯,LED電球に対応)
*E26 60W球ランプ(ランプは同封されています)
【ベース】アルミラッカー塗装仕上げ(スイッチ付き)
【コード】約2m
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:アッキーレ・カスティリオー二が1972年にデザインしたテーブルランプがランパディーナ(Lampadina)です。ランパディーナは究極までにシンプルにしたテーブルランプです。アッキーレ・カスティリオーニのデザイン表現方法は合理的である一方、皮肉なユーモアと彫刻的フォルムが加味されており「合理的表現主義」と評される稀な存在です。構造的にも創意に溢れ、美的にも満足できるアッキーレ・カスティリオーニのデザインは見事に首尾一貫した特性があり、20世紀のイタリアのデザインにおける最重要人物といわれています。アルミベースは、ケーブルを巻き取るリール機能も兼ね備え、余ったケーブルをスッキリとまとめることが可能です。壁への取り付けはできません。
商品写真
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナ
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナ
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナを点灯させた様子
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナを点灯させた様子
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのレッド
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのレッド
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのパープル
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのパープル
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのオレンジ
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのオレンジ
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのブラック
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのブラック
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのホワイト
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナのホワイト
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナの台座でコードの調整ができます。
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナの台座でコードの調整ができます。
アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナの電球
▲アッキーレ・カスティリオーニがデザインしたランパディーナの電球
Achille Castiglioni+Pier Giacomo Castiglioni (アキッレ・カスティリオーニ+ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ)
Achille Castiglioni (アキッレ・カスティリオーニ)

Pier Giacomo Castiglioni (ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ)
Achille Castiglioni (アキッレ・カスティリオーニ) 1918年
兄たち同様にミラノ工科大学で学び、1944年に兄弟のリヴィオとピエル・ジャコモのデザイン事務所に加わりました。そこでは戦後何年かは兄弟で都市計画や建築委託業務、展示会、プロダクトデザインを手掛けました。1956年にアキッレはイタリアのインダストリアルデザイン協会(A.D.I.)の創設メンバーとなりました。1957年カスティリオーニ兄弟は、コモのオルモ邸で「今日の家における形と色」という標題の博覧会を開催し、彼らの多大な影響力を持った「レディメイド」のデザインを展示しました。1969年以降、アキッレはトリノ工科大学でインダストリアルデザインの教授となり、1947年以降毎回ミラノ・トリエンアーレに出展し、黄金コンパス賞など多数の賞を受賞しました。ピエール死後はインダストリアルデザインで活躍を続け、フロス社の「ランパディナテーブルランプ」(1972年)、アレッシィ社の「なめらかな薬味瓶セット」(1980-84年)、フロス社の「ジビジャーナ指向性テーブルランプ」(1980年)などを製作しました。


Pier Giacomo Castiglioni (ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ) 1913年〜1968年

ピエル・ジャコモ・カスティリオーニは1938年までミラノ工科大学で建築を学び、学位を取得しました。1938年に長兄のリヴィオとスタジオを設立し、銀とアルミニウム製の食卓用ナイフ・フォーク類をデザインしました。最も注目すべきデザインはイタリア初のペークライト製のラジオ「フォノーラ」(1939年)で、従来は木の箱に収められていたラジオを大きく変えました。ピエル・ジャコモ・カスティリオーニは、家具デザインや工業器械から照明システムのデザインまで幅広く得意としていました。1952年に長兄との共同経営を辞めましたが、その後、弟のアキッレ・カスティリオーニとは、ピエル・ジャコモ・カスティリオーニが亡くなる1968年まで行動を共にしました。
トップへ戻る  前へ戻る