George Nelson(ジョージ・ネルソン):ネルソン スワッグレッグデスクをデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【ネルソン スワッグレッグデスク】
Artchair Selection【ネルソン スワッグレッグデスク】
----------------------------------------------
■価格:91,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
定番品は毎月入荷
在庫切れ。
ご注文前に在庫をお問い合わせ下さい。
商品情報
■サイズ:W990×D725×H875、天板H750
梱包重量:-kg、1梱包
■デザイナー:ジョージ・ネルソン
(George Nelson)
■仕様:
【天板】メラミン仕上げ
【フレーム】MDF突板仕上げ、塗装仕上げ、無垢材、ステンレススチール
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:ジョージ・ネルソンはいくつものオリジナル商品を作り出していますが、このスワッグレッグデスクも名作と呼ぶにふさわしい佇まいをしています。脚部は繊細な曲線を描きながらも、安定感のある構造でデスクとしての機能性も兼ね備えています。カラフルな仕切板による収納スペースは想像力次第で様々な小物を整理することができるでしょう。左から2番目はまるでノートPCを収納するための場所のようです。また、大きめのスペースは天板には薄い引出しを備え、ペンや小物を綺麗に収納できます。天板の高さは75cm。PCが普及する前のミッドセンチュリー、アメリカ。この時代の平均的な天板の高さに倣っていますので、私たち日本人にはすこし高めですが、シート高が45〜46cmの椅子と組み合わせて頂くと使いやすいかと思います。PC用のデスクとして、また、SOHO用ワークデスクも使いやすいネルソンのスワッグレッグデスク。ネルソンらしい、ポップでかわいらしいデスクをジェネリックでお選びいただけるようになりました。
商品写真
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスクのディテール
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスクのディテール
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスクのディテール
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスクのディテール
ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスク
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン スワッグレッグデスクのディテール
George Nelson (ジョージ・ネルソン)
George Nelson (ジョージ・ネルソン)
George Nelson (ジョージ・ネルソン) 1867年〜1959年
1931年ジョージ・ネルソンはイェール大学から建築の学位を得て、1932-34年、ローマのアメリカン・アカデミーで学びます。1936-41年にウィリアム・ハンビーと建築事務所を開くと共に1935-44年は雑誌「アークテクチュラル・フォーラム」の編集長も務めました。1945年には「明日の住宅」を出版し自身の建築及びインダストリアルデザインの事務所を興しました。棚の「ベーシック・ストレージ・コンポーネント」をデザインし、1946-66年ハーマン・ミラー社のデザインディレクターに就任しました。ハーマン・ミラー社のために当時ほとんど無名だったチャールズ・イームズ、イサム・ノグチ、アレグザンダー・ジラードらの能力を見極めて抜擢したプロデューサーとしての先見性にも長けた人でした。1953年には「チェアーズ」を出版、1957年には 「デザインの諸問題」など書物を通して次々に彼の理論的な提言を発表しました。1958年にはハーマン・ミラー社のために「コンプリヘンシヴ・ストレージ・システム」をデザインしました。1964年にはニューヨーク万博博覧会でいくつかのパビリオンを設計し、1968年には「エディター」というタイプライターを発表しました。1977年には「ハウ・ツー・シー」を出版しました。ジョージ・ネルソンはアメリカを代表する建築家であり、評論家であり、インダストリアルデザイナー、あらゆる芸術におけるキーマンとして高く評価されています。
トップへ戻る  前へ戻る